読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

読了:真昼の星ー熱中大陸紀行

投稿日:

初めて椎名誠の文章を読んでからたぶん25年以上経っている。最初に読んだのは旅雑誌で、時刻表完全読破みたいな記事だったと思う。なんだか面白い文章を 書く人だなあと思っただけだったが、後に社会人になって東京に住んでいたときに電車の中の読み物として文庫を次々と読むようになった。
その中では「パタゴニア―あるいは風とタンポポの物語り (集英社文庫)」という作品がとても好きで、これを読んでパタゴニアの印象が脳裏に焼きついた。
ここ数年の椎名誠は、歳のせいか落ち着きのある文章になっていて、昔の勢いがなくなったような気がしてしばらく読まなかったのだが、書店でこの本をみつけて、パタゴニアという文字に引かれて買ってみた。
もちろんパタゴニアに行った話は魅力的なのだが、この本で一番印象的だったのはチベットだった。
パ タゴニアにしてもアマゾンにしても、僕達の暮らしとはかなりかけ離れた世界なのは間違いないのだが、どちらもそこに住む人々の心持ちみたいなものがなんと なく想像できるというか、あまり僕達と違わないのではないかと思えるところがある。しかしチベットの人々の気持ちはなんだか想像がつかなかった。もちろん 僕自身の体験ではなくて、椎名誠の体験を本で読んでいるわけだから、たぶんこれは椎名誠が感じたことなのだろう。
何ヶ月とか何年とかかけて聖地に 巡礼する人々とか、日本で言えばかなりの田舎だと思えるような街でもそこが毎日お祭りのような世界だと感じて金を使い果たして郷里に帰ることもできずにブ ラブラしている人のことが書かれている部分を読んで、果たしてこれが本当に同じ地球に住む人々なのだろうかと思ったりした。
100年以上も前と変わらない暮らしを続けているのを知ってみると、僕達の暮らしが彼らよりも幸せだとは言い切れないのだなと思った。
そういう世界を自分の目線で淡々と綴っていくのが椎名誠の醍醐味だったな、と思い出させてくれた一冊だった。

真昼の星―熱中大陸紀行 パタゴニアアマゾンチベット (小学館文庫 し 2-4)
椎名 誠

真昼の星―熱中大陸紀行 パタゴニアアマゾンチベット (小学館文庫 し 2-4)
世界おしかけ武者修行―海浜棒球始末記その2 (文春文庫 し 9-28) メコン・黄金水道をゆく (集英社文庫 し 11-30) (集英社文庫 し 11-30) 全日本食えば食える図鑑 (新潮文庫 し 25-31) にっぽん・海風魚旅 3 小魚びゅんびゅん荒波編 (3) (講談社文庫 し 32-12) 「十五少年漂流記」への旅 (新潮選書)
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-
-,

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2017 All Rights Reserved.