読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

技術・科学

成層圏プラットフォーム

投稿日:

北海道新聞 環境・自然・科学

成層圏を飛行、68メートル級実験船 大樹で公開 【写真】  2004/05/20 11:00
20040520.200405202652.jpeg
 【大樹】独立行政法人・宇宙航空研究開発機構(JAXA)は二十日、十勝管内大樹町に設けられた実験場で、成層圏に無人飛行船を浮かべ高精度の通信・放送網を確立する「成層圏プラットフォーム」の滞空実験に使う新しい飛行船を報道陣に初公開した。

人工衛星を打ち上げるよりずっと低コストで済むのかな?プラットフォームの制御技術や、地上からの捕捉技術が確立されれば、確かに人工衛星よりも高感度の通信が可能になるだろうな。
こういう実験が北海道で行われるってのはなんとなくうれしい。
大樹町には縁があって、ここ数年のうちに2度行っているんだけど、宇宙基地の計画模型の展示をみるとすごい広範囲におよぶものだった。実行に移されると今の晩生温泉を中心に半径数キロの範囲が基地になるらしい。
まだまだ夢みたいな話だけどね。
まあ、この成層圏プラットフォームはその夢の第一歩ってところかな。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.