読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

技術・科学

FeliCa内蔵腕時計

投稿日:

北海道新聞 ITより引用

腕時計が財布と社員証に JCBとカシオが共同開発 【写真】  2004/06/09 21:11
 クレジットカード最大手のJCB(東京)とカシオ計算機は9日、現金なしでの支払いや、社員証などの機能が付いた腕時計を開発したと発表した。非接触型のICチップを搭載しており、10日からJCB社内で実証実験を開始。オフィスやレジャー施設などへの商用化を目指す。

カシオらしいな。でも腕時計をかざすっていうのもなんだかそれほどスマートな感じがしないんだよなあ。カードとかケータイかざすほうがまだスマートな感じ。最近は時計を持たない人も増えてきたしね。
非接触のマンマシンインタフェースってなかなか難しい。どうもどこか間が抜けた感じがするのは僕だけだろうか?
最近、ケータイでQRコードを読ませる機会があったんだけど、これがまたすごく難しい。慣れないとなかなか上手にキャプチャできないのだ。ケータイの形状にもよるんだろうけどね。カメラで読み取るのはなかなか大変。これは普及しない可能性が高いなと思ったよ。
FeliCaも課題は通信時間を感じさせないインタフェースなのだと思う。かざしてから認識するまでの時間は一瞬とはいえワンクッションあると感じるものだ。Suicaは結構がんばっていると思うけれど、あれは自動改札ゲートがあっての話。カード決済に関してはまだまだ改善の余地があると思う。
まあ、ある程度普及してみんなが慣れてしまえばどうってことないのかもしれないけれどね。。。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.