技術・科学

KDDIはSuica搭載?

投稿日:

KDDI小野寺社長、Suica搭載端末の投入などを示唆

 KDDIの小野寺正社長は6月16日、社長定例会見を行ない、JR東日本のSuicaに対応した新端末投入の可能性があることなどについて言及した。

DoCoMoのFeliCa戦略に危機感を抱いているってことなんだろうな。だけど、 

小野寺氏は、「ドコモはFeliCa搭載端末の投入を予定しているが、当社の場合は、Edyよりも、最も利用されているSuicaの機能を搭載した携帯電話が最適だと考えている。現在、JR東日本と話し合いを進めている。Suicaは、定期券や乗車券だけでなく、店舗でも使えるようになるなどの発展性があり、JR東日本のスケジュールにあわせて投入したい」と語った。

これはいかにも苦しい発言だな。だいたいEdyとFeliCaの違いも理解できていないのではと思わせる。
発行数や実動数ではEdyカードよりSuicaの方が多いんだろうけど、SuicaはまだまだJR東日本ローカルのものであって全国展開という面でのハードルはずっと高い。JRが交通の主役を担っているのは関東だけだ。交通以外の分野で広げようにも地域分割されている以上他地域でのSuica展開はその地域のJRに無断ですすめるわけにはいかないはずだ。
FeliCa+iアプリの組み合わせはSuicaを包含しているわけで、発展性はすでに織り込まれている。
auは純増で勝ち続けているとはいえ、通信事業だけではジリ貧になるのは必至。新しい価値を生み出せないと「安いケータイキャリア」の地位から抜け出すのは難しいが、従来からインフラとして有望視されているICカードに関しては思いっきり後手にまわってしまった感は否めない。FeliCaネットワークスにはJR東日本もDoCoMoとともに資本参加しているのだ。すっかり包囲網が出来上がっている。このままではICカード搭載の分野でもEZWebがiモードに追いつく苦労を繰り返すことになりかねない。
「おサイフケータイ」を過小評価してはいけない。ケータイでSuicaが使える頃には「2匹目のドジョウ」はいないかもしれない。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.