技術・科学

無線LAN対応IP電話端末

投稿日:

通信カードも装着できるCFスロット搭載の無線LAN対応IP電話端末

 ネットツーコムと富士通研究所は、コンパクトフラッシュ(CF)スロットを搭載したIEEE 802.11b準拠の無線LAN対応IP電話端末を開発したと発表した。2004年秋頃の製品化を予定する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は7万5,000円前後。

ほうほう。とうとうこういう端末も出るのだなあ。まだちょっと値段は高いけれど、家庭のコードレスホンを置き換えられる可能性はある。今は親機とセットじゃないと通話できないけど無線LAN対応ならいろんな機種を組み合わせて使えるようになるかもしれない。
家の中なら高機能である必要はないから音声通話に特化した端末が出ないかな。
外で使うのは無線LANスポットが増えないと無理なので期待しない。すでにケータイのインフラがあるからね。
そういえば無線LAN対応のケータイも検討しているってどこかのキャリアが言ってたっけ。だけど今ひとつイメージがわかないよなあ。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.