社会

高速道のインター倍増提言

投稿日:

北海道新聞 生活

使いやすい高速道へ見直し インター倍増など提言へ  2004/07/19 17:06
 「料金が高くて使いにくい」などと批判される日本の高速道路の在り方を見直そうと、国土交通省は「『使える』ハイウェイ推進会議」(座長・家田仁東大教授)を設置、23日に初会合を開く。年末までに5回程度会議を開いて提言をまとめる予定だ。

北海道では都市間距離が長いこともあって特に問題になっている感じがしないな。まあ、この間に欲しいという場所はないわけじゃないけど、そんなことより高速道路網の整備のほうが先だな。

 欧米では4-5キロ間隔に1カ所のインターがあるが、日本では料金徴収の人件費や建設費の制約から10キロごとに1カ所しかなく、短距離では利用しにくい。

これをやるならやっぱり先にETCを普及させる必要があるな。複雑なインターチェンジを作ったり、人を配置することを考えれば補助金つけてETC車載を安く取り付けられるような気がする。その上でETC取り付け車以外は高速利用できないようにしてしまえばいい。道路の建設費が減り、人件費も減り、渋滞も減る。一石三鳥だ。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.