社会

冤罪の可能性

投稿日:

北海道新聞 社会
一審認定覆す証拠 恵庭OL殺人・札幌高裁公判、被告のアリバイで
この事件って、一審で有罪になっているんだけど、どこか不自然な感じが否めなかった。殺人は衝動的に行われた可能性があって、そうだとしたらそれ自体は女性的な犯行といえなくもないんだけど、遺体を焼くのには準備が必要で、それなりの計画性があるわけで、そういうのはどうも男の犯行って感じがするんだよなあ。。。
今回の証拠が出てきたことで、検察側が恣意的な証拠選びをしている疑惑を感じざるを得ない。前回の裁判ではひとつ崩れると全体が危うくなるような論理の積み重ねで有罪が決まったように見えるから、ますます冤罪の可能性を強く感じるな。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-社会

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.