技術・科学

おサイフケータイアプリ2件目

投稿日:

おサイフケータイにヨドバシのポイントカードアプリを入れてきた。まだ始まったばかりなので店員さんが慣れていないため、まず手続きの確認(ポイント移行方法の確認と登録)に10分ほど、書類を書いてアプリダウンロードで使用できるところまでもっていくために5分ほど。結構な時間がかかった。
めでたくダウンロードして、ちょっとした買い物をして使ってみた。Edyの「シャリーン」とは違う音がして読み取りが成功。買い物直後にポイントを確認したところすぐに反映されていた。かざすのが会計の前だけなので、ポイントはカードではなくてホスト側に登録してあるらしい。


それにしてもアプリのダウンロードに時間がかかる。ってことはお金もかかっているはず。パケ代が2~300円くらいかかるとのことだった。まだ対応レジが圧倒的に少ないし、ポイントがアプリで確認できる以外はそれほど便利ではないことを考えるとカードをおサイフケータイアプリに切り替えたときにいくらかのポイントバックが欲しい感じ。とはいっても店側から見てもおサイフケータイにしてもらうメリットがそれほどあるわけじゃないから無理だよなあ。
こんなめんどうな手続きとコストがポイントカードごとにかかるのはビジネスモデル的に?だ。DoCoMoがかなりがんばらないと普及させるのは難しいかもしれない。
ポイントはやっぱり共通ポイントシステムをビジネス化する必要があるのだろう。顧客囲い込みにも影響が出ないような共通のアプリを普及させるのがベストだと思う。
ま、パケット代が安くなれば問題の大半は解消するのかもしれないけどね。
POSにくっついていたのはサンクスで展開しているのと同じ独立型の平置きタイプのリーダ。システム変更だけでEdyも使えるってことだから、そっちの対応のほうが期待してしまうな。でもあれか、Edyってクレジットカードと同じでお店に決済手数料がかかるんだっけ?だとしたらクレジットカード並みのポイント還元率になるのかもしれないなあ。。。
おサイフケータイのポイントカードを使うとポイント還元率が高くなるセールを予定しているってことだけど、いつからなんだろう。。。
いずれにしてももう少し利便性の高いサービスになってほしいな。。。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.