音楽

なんかソニンにはまったってところから。。。

投稿日:

Moraをブラブラしていて、「ほんとはね。」っていう曲をみつけて、なんとなくソニンにはまっちゃったかもしれないのね。といっても他の曲を聴いているかというと実はそんなこともないんだけど。
だけどねえ、尾崎豊の「I LOVE YOU」のカバーが出たのを知ってすかさずダウンロードしてしまったり、オフィシャルホームページに行ってみたりしてしまっている自分がいるわけですね。ディスコグラフィを見てあんまり早くからチェックしてなくてよかったなあなんて思ったりもしたりしてね。
最近はとんとCDは買わない人になってしまったので、たぶん前に出たCDまでは買わないと思うんだけど、ダウンロードで出たら買ってしまうかもしれないなあ。


と、ちょっとデレデレしたところでトーンを変えて楽曲を買うってことについて書いてみる。
インターネットで試聴できるようになってから、試聴して買うっていうケースが増えた。逆に試聴できない曲を買うことはまずない。(というか、昔はFMとかで聞いてCDを買ったりしてたわけだけど。)
僕はソフト関連の仕事についているせいか、レンタルしてコピーってのにはかなり抵抗があるほうで、ダウンロードで気に入った曲だけを選んで買える状況というのがとても気に入っている。
ひょっとしたらMoraみたいなサイトがなかったら音楽を聴くってこと自体ほとんどしなくなっていたかもしれない。
そんな自分の行動を考えると、Appleがアメリカやそのほかの国でやっているようなサービスが日本では出るようで出ないけれど、コンテンツホルダーがあまりにも臆病になりすぎているんじゃないかなと思う。使いやすいサービスで、そこそこリーズナブルならお金払います。好きなアーティストの楽曲ならお金払いますよ。だって応援したいからね。
そこんところを是非日本の各レーベルにはよーく考えて欲しい。
今はまともに使えるダウンロード楽曲のシステムって、日本では結局OpenMGしかないようなもんだから、僕の音楽を聴く環境はSONYばっかり。CLIEとかSO506iCとか。世の中の流れを考えると、メディア(メモリースティック)を含めてVHS対βのβ陣営にいるように思えることもしばしば。まあ、それは新技術をできるだけ早く使ってみたいっていう一種の時間買いの部分が大きいからしかたがない。だけどいい加減きっちりデファクトスタンダードが決まって欲しい。iPodでもなんでもいいんだよ。買った資産が保証されるシステムが作られればね。
誰でもいいから日本の音楽業界に風穴を開けてくれい。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-音楽

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.