技術・科学

シリコンチップの脳

投稿日:

Wired News - 記憶障害を救う、シリコンチップの人工海馬 - : Hotwired
記憶障害を救う、シリコンチップの人工海馬
完全にSFのような話だ。だけど20年後くらいには実用になっているかもしれないという。
損傷を受けた器官をできるだけ完璧に代替する機構を作るのは人類のひとつの夢だが、人の記憶の領域に入り込んでくるととても複雑な感情を覚える。
実際には脳の他の部分との連携で機能するのだから、このチップに記録される情報を外部に取り出したとしてもあまり意味はないかもしれない。だけど、記憶を外部に取り出せたり、逆に全く経験のない記憶を脳に送り込む事ができるようになるのかもしれない。ほとんど映画のマトリクスの世界だ。
僕たちがかなりの高齢になったときに、こういう補助器具のお世話になってないとは言い切れない時代になってきたのかもしれない。それがいい事なのか、悪いことなのか。これから色々な議論が沸きあがってくるのだろう。
興味深い技術であることは間違いないのだけれど。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.