読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

思念波

古いPCの処分

投稿日:

古いPCはその辺に捨てるわけにはいかない。リサイクルマークのないパソコン(デスクトップ+CRT)は処分するのに通常7350円かかってしまう(こちら参照)。これは去年の暮れから始まった制度だ。不法投棄はもってのほかなのだが、捨てるパソコンにかける費用としてはこの金額は痛い。
我が家は現役含めて7台のパソコンを使用してきた。1台はずいぶん前に人にあげてしまったが、残りの6台は家の中にあった。うち4台はWindowsXPとLinuxが載っているからほぼ現役。1台はとりあえず記念に残してあるMacだ。そして全く火の入らない1台。これをどう処分したものか困っていた。
結局どうしたかというと、この間買ったノートPCの代わりに買い取ってもらった。捨てるのに困るくらいだからタダでもいいんだけど、一応買い取った形にする必要があるようで、200円で買い取ってもらうことになった。ってことは都合7550円もうかったことになる。
一応はWindows98で動いていたマシンなのだが、ディスクを初期化して当初のWindows95が動くところまでにしてお店に持っていったんだけど、Windows95のマシンは値段が付かないということで本体とディスプレイがそれぞれ100円ずつの買い取り価格になったのだった。それならディスクを初期化しただけでも良かったなあと思ったけど合わせてマニュアル類なんかも処分できたのでよしとする。
新しいパソコンを買うときには古いパソコンの処分も合わせると実質的な値引き効果がある。というお話。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-思念波

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.