読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

技術・科学

メモリ増設

投稿日:

僕が使っているメインマシンはAMDのAthron1.4MHzの自作機で、たぶん作ってから二年以上たつものだ。メモリは当時としてはそこそこの256MBだったんだけど、最近いろいろな開発ツールを載せたり、テスト環境を立ち上げたりでメモリ不足を感じ始めた。
で、今日はツクモに行って512MBのバルクメモリを買ってきた。8,133円+念のため交換保証500円+税で9,065円。ツクモはまだレジが内税対応していないらしい。いいのか?
早速マシンに挿して立ち上げてみたら難なく動いた。500円損した感じ。それでもあまり当てにしてなかったポイントが1200円くらいあったのでよしとする。それに少し動かしてみないと安定動作するかどうかわからないしね。
メモリが3倍になるとアプリケーションの立ち上がりが早い感じ。今まではいかにもメモリスワップが発生していますって感じだったからなあ。
たくさん裏で立ち上がっているサービスもスムーズに上がってくるのでログイン処理も早くなったようだ。httpサーバかブラウザかわからないけど謎の動きをすることがあったテスト環境もこれでちゃんと動くことだろう。なんだかうれしい。
CPUのスピードは速いに越したことはないんだけど、今のスピードで不自由を感じないので、次のOSが出るまではたぶんこのマシンのまま行くんだろうなあ。まあ、ぶっ壊さなければの話だけどね。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.