読書と日常をプログラミングする

NyaoPress 読書と日常

思念波

年賀状

投稿日:

今年もいつもと同じくらいの年賀状が届いた。年賀状は親戚や知り合いの定期報告みたいなもので、微妙な変化がわかったりして重要な情報源だ。
パソコンとプリンタを使って年賀状を作るようになってから、毎年数種類の年賀状を作る(というか作ってもらっている)。親戚関係用とか知り合い用とか友達用とか会社関係用とか。
宛名書きもパソコンに任せているが、毎年の名簿メンテナンスが意外と大変だ。出す前に喪中欠礼のチェック、年が明けたら年賀状を受け取った人のチェック。これをまめにやっておけば楽ではあるんだけど、だいたいは年末ぎりぎりになって名簿の一覧を印刷してひととおりチェックするということになる。
それでも一枚一枚手で書くよりはよほど楽になったけれど、やっぱりその分心がこもっていない感じってのもあるのかもしれないとも思う。それで何種類かの年賀状を工夫して作っているんだけど、一軒に一枚しか送らないんだから相手にはわからないよね。。。(^^;
長女は筆でサラサラと酉の絵を書いて友達に送ったみたいだ。そういうのができるのって正直うらやましい。
僕もいつかはそういう一枚一枚違う年賀状を手書きすることを楽しめるようになりたいものだと思う。







書いた人

nyao

nyao

本を読むのが大好きです。積読本が多数。システムエンジニア経験あり。プログラミング言語はRubyが好きだけどPHPとJavaばかり書いている。最近はJavaScriptも好きになってきた。クラウド使ったお仕事募集中。

プロフィールを表示 →

-思念波

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2018 All Rights Reserved.