映画・TV

雨あがる

投稿日:

昨日、「七人の侍」の後編を見たあとに続けて「雨あがる」を見た。原作が山本周五郎、脚本黒澤明で、黒澤監督亡き後の黒澤組が集まって作った映画だ。
90分ほどの程よい長さに、なんともさわやかな印象の残るストーリー展開。なんといっても宮崎美子の扮する剣術の達人三沢伊兵衛(寺尾聡)の妻たよの思慮深さ、優しさ、ふくよかな表情がいい。
川留めの宿に集まる人々の明るさや、殿様のさっぱりした性格などもいい。それらと美しい風景が相俟ってすがすがしい仕上がりの映画になっている。
かなり気に入った一本。これはいずれ買って手元に置くことになるような気がする。
作品のできは良いと思うが、黒澤作品を期待して見るとちょっと期待はずれかもしれない。
雨あがる 特別版

発売日 2000/09/06
売り上げランキング 3,588

おすすめ平均
素敵な短編小説といった感じです
黒澤監督へのオマージュ
夢のような妻!!

Amazonで詳しく見るB00005HKPD

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-映画・TV

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.