映画・TV

ターミナル

投稿日:

昨日は安いレイトショー料金で「ターミナル」を見てきた。
僕はトム・ハンクスの映画はわりと好きで、TVスポットや映画館での予告編なんかで見るとかなり気になる。この映画もTVスポットで見たいなあと思っていた。スピルバーグ監督の作品も好きだしね。
コメディ・タッチの部分もあるけれど、正直で、自分の夢のためにやれることを切り開きながら待ち続ける主人公と、そんな彼を受け入れていく周辺の人々の交流に心が温められる。
最近のスピルバーク映画はあまり見ていないような気がするので彼の今の作風がどんな感じなのかはよくわからないのだけれど、終わり方が単純なハッピーエンドではないところが見飽きたアメリカ映画と違うなあと感じた。みんながハッピーというわけではなくて、主人公の自分が生きていくことに前向きに取り組む姿をに何かを感じ、それまでの自分の人生と向き直る決断をして彼の夢のために犠牲になる人々がいるところだ。人間とはなんと優しいものなのだろうと思わずにはいられない。
2時間15分。長いけれど時間を忘れて見入ってしまう素敵な映画だった。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-映画・TV

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.