食・飲

投稿日:

今日の晩御飯は鍋だった。最近はメインの鍋食材(魚とか肉とかそういうやつですね)よりも野菜のほうがうまいと感じるようになってきた。


まず、どうしても欠かせないのがネギ。僕はラーメン屋でネギラーメン中盛りネギ増しなんてのを頼んで食べるくらいネギが好きで、鍋に入ってちょっとトロリとしたネギがやめられないのだ。
きのこ類もうまい。なかでも食感がいいなあと感じるのがエリンギ。数年前に出てきた比較的新しいきのこだけど、いまや値段も安くなっていろんな料理の食材に使われている。味付けによっちゃあ鮑のようになるみたいだしね。こういう安くてうまい食材が出てきたのはありがたいと感じる。
白菜、キャベツもうまい。生で食うのも好きだけど鍋でクタクタになったのもまたうまい。
主役材料がないと鍋の味は成立しないけれど、その点を除けば野菜だけの鍋で一向にかまわないと思ってしまうのだ。
あと、あれだね。しゃぶしゃぶなんかでも野菜を食ってしまうね。肉より野菜。最近はオクラがお気に入りだ。さすがにしゃぶしゃぶってやってすぐ食うというわけではなくて、しばらくしゃぶしゃぶ鍋のなかで泳がせておいて食べるけれど、あのねっとりプチプチ(種の感じだな)した感じがまたいいのだ。
なんといっても野菜が主役と思うのは野菜スープだね(当たり前か)。野菜のうまみがしっかり出たスープは気持ちを優しくさせるのだな。ちょっとハーブの入った塩なんかをふっちゃったりしてね。これがまたうまい。
こういう温まる食べ物のことを考えると、冬ってのもなかなかいいもんだなあと思うよなあ。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-食・飲

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.