なんとなくビジネス本

投稿日:

amazonを見に行ったらお勧めにこの本が出ていた。なんとなく面白そうなので本屋で買ってしまった。
ビジネス本のコーナーってこの手の本がいっぱいあるなあ。一番成功しているのはこういう本を書いている人ってところか。
僕は最近「図解」ってのに興味があって、自分でもノートを持って歩いて時間を見つけて図を描いてみたりしている。打ち合わせなんかでホワイトボードにさくさくっと図を書く人がいるでしょう?ああいうことをやってみたいと常々思っているのだ。
それと、思っていることを図に表してみると、実は気づいていないことに気づくことができたりしてなかなか面白い。コンピュータシステムの仕様書もそういうものであるべきなんだろうけど、なかなかそういううまくできたドキュメントに出会うことは少ないし、自分でもなかなか作ることができないものだ。
そういうことのための参考になるかなと思ってたまにこの手の本を買ってみる。
人より10倍速く成功できればいうことはないけれど、それはそれとして日ごろ陥りがちなマンネリ化した思考にちょっとした刺激を与えることができれば自分にとっては一石二鳥ってところか。
A4版で持って歩くには大きい本なのがちょっと難点。
[図解]スピード・ノート
起業家大学 , 主藤 孝司

発売日 2005/01/20
売り上げランキング 2

おすすめ平均
ビジネス書ビギナー向け
前半に比べ後半が正直ちょっと物足りない!
こういう本を待っていました。

Amazonで詳しく見る4569634184







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.