石川啄木

投稿日:

出張読み物として青空文庫から持ってきた「札幌」を読み終わって(啄木らしく未完なんだな。これ。)、久しぶりに「一握の砂」を読み始めた。
僕が中学生の時に単行本で買って一度読んでから、その本をずっと開いたことがなかったから、すでに二十年以上経っている。
最初に読んだときにもなんとなく好きだなあと思ったんだけど、今回読み直してみて、ずっとぐっとくる歌が多くなったように思う。
それなりに人生経験をつんできたせいなのだろう。一首一首が自分のことのように感じられる。どうしようもない人生を歩んでいながら、たくさんの人に愛される歌人となったことがよくわかる気がする。
たぶん嫌いな人も多いだろうし、実感できないという人も多いと思うけど、歌のひとつひとつに同じような気持ちを持ったことがある人も多いのだろう。
自分の気持ちをこんな形で残すことができた啄木は幸せな人だと僕は思う。そして、僕にはなにか残せるものがあるだろうかと考えて、なんだか空しい気持ちを感じないでもない。
月並みな言葉だけど、今を精一杯生きる以外に方法はないんだけどね。。。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.