思念波

カナ文字文化の負の側面を考える

投稿日:

幻に終わった南セントレア市 意味のない仮名文字文化は国家の運命をも狂わせる 
上記は桜井よしこさんのブログサイトの記事。「週間ダイヤモンド」に連載している記事でもある。
意味のないカナ文字文化が、論理的思考能力を低下させる可能性があるという興味深い記事だ。
ただし、僕が氏の言いたいところをきちんと捉えているかどうか心もとないのだが、桜井氏の主張には少し疑問を感じる。
この記事では表意文字を使う人と、表音文字使う人では明らかに言葉の持つ意味を把握する能力に差があるという人がいるということが書かれている。(この点、うまく自分の発言の責任回避をしているようにも読めるのだが。)
しかし、欧米は表音文字が主流であるけれど、その国々の人々が論理的思考が弱いということは聞かない。むしろ日本人の論理的な思考能力のほうに疑問符がつくような気がする。
よく言えばイメージ思考であって、それは漢字のなせるわざと言えないこともないけれども、表音文字と表意文字を比較して単純に国家の運命を左右するかもしれないなどというのは言いすぎだ。
自衛隊の艦艇の名前が平仮名で書かれているから「日本の知性はその中枢から、すでに蝕まれているのではないだろうか。」などというのはほとんどこじつけだ。「きりしま」も「はるな」も現場での識別のしやすさを考慮すれば漢字がいいか平仮名がいいかは自明だと思う。
桜井氏にどういう意図があるかどうかはわからないけれど、この記事では韓国のハングル化を問題視する人が韓国人の中にいるという書きかたがされている。よく読めば一部の韓国人の自国の言葉に対する評価であることがわかるけれど、この記事全体を見ると韓国に対する偏見を生みかねないものだ。
この人も「ぷちナショナリズム症候群」に冒されているのだろうか?
あまりにも意味のわからないカナ言葉を使いたがる風潮は肯定したくはないという点は同意できなくはないし、「南セントレア市」が頓挫したことは良かったと思う。
しかし、この記事に書かれていることにはやはり首を傾げざるを得ないのだ。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-思念波

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.