社会

無意味というか不気味

投稿日:

YOMIURI ON-LINE / 芸能・文化
FNSの27社、フジとニッポン放送全面支援を表明

 声明文によると、ライブドアがニッポン放送の株を大量取得したことについて、「法の不備をついた強引な手法であり、強い憤りを覚える」と強く批判。さらに、「放送事業者の高い倫理観と価値観が、放送事業の公共性を支えるものであり、ライブドアの一連の言動に接するとき、そのような高い倫理と価値観が保有されているかは甚だ疑問」と指摘した上で、「ニッポン放送が同社の支配下に置かれることは、極めて重大な問題がある」と強調している。

自分たちのやってきた事を冷静に考えた上で、「放送事業者の高い倫理観と価値観が、放送事業の公共性を支えるものであり、ライブドアの一連の言動に接するとき、そのような高い倫理と価値観が保有されているかは甚だ疑問」なんて言っているんだろうか?
一般の視聴者は違う見方をしているのではないかと思う。テレビ業界にには一種の驕りがある、極論を言えばテレビ業界はウソをついても許されると思っている特殊な業界と常に斜めに見られているということを意識しているのだろうか?
言論の自由を都合よく振りかざしながら、こういう時には「会社を挙げて」とか「グループを挙げて」とか言って平気で少数意見を封殺する。皆が皆フジサンケイグループを応援しているわけではないはずなのにだ。
「放送事業者の高い倫理観と価値観」が本当にあるなら、こんなありえない「全面支援」なんて言えないはずだ。
これで結局負けるとか、負けるのを避けて提携なんてことになったら、こんな強い調子もグダグダにしてなんだかよくわからない言い訳を言って強い側につく。それがマスコミの正体のような気がする。
こういうことを言わせる隠然たる力と、言葉と裏腹な薄ら寒い裏側を想像してしまうから、こういう不気味な声明にぞっとしてしまうのだ。
ライブドアを積極的に応援する気はないけれど、不気味なマスコミ集団には勝ち残って欲しくないと思う。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-社会

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.