MySite

サーバを外科手術

投稿日:

DSC00365.JPG
3月22日に4IDseriesなどに用いているサーバマシンがダウンした。状況からみて電源の障害だと思っていたので開腹してチェックしてみたところスイッチを入れるとファンがちょっとだけ回るといういかにも電源障害の様相を呈していたので外科手術に踏み切った。
電源を取り外してみたところ、ファンの潤滑材切れのようで、普通は軽く回るはずの羽根が力を加えないと回らないようになっていた。数ヶ月前からマシンのうなり音が気になってはいたものの、原因を特定できず、最近になってうなり音が消えたので良くなったのかと思っていたのだが、たぶん逆にファンが止まって静かになっていたらしい。ヘタをすれば火を噴いてもおかしくない状況のなか、マシン(OS)が異常を感じて冷静にシャットダウンしてくれたようだ。電源を買って来て交換したら問題なく起動した。
電源は145Wから250Wの静穏型になってほんの少しグレードアップ。といってもあまり動作には関係ないけど。。。
次に問題が起きるとしたらディスクの可能性が高いから暇なときに使っていないマシンを一台つぶしてコールドバックアップサーバを作っておこうかと思っている。
それにしてもマシン裏のケーブル地獄をいじるとろくなことがない。急にメインマシンの音が出なくなって、いつも音楽を聴くのに使っているSonicStageがライセンス異常を通知してきた。原因をよく調べてみるとサウンドカードが抜けかかっていた。ねじ止めが甘かったようだ。もとに戻して無事復旧。
ってことはサウンドカード取り替えるときには一応ライセンスのバックアップをしたほうがいいってことなんだろうな。きっと。
いろいろあったけど、一応復旧ということで、4IDseriesを利用されているみなさんにご迷惑をおかけしたことをお詫びします。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-MySite

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.