技術・科学

SmallTalkのお勉強

投稿日:

僕が「オブジェクト指向」という言葉にはじめて出会ったのは今から二十数年前のことで、そのときこの世に存在するオブジェクト指向言語といえばSmallTalkだけだったと思う。といってもその頃はSmallTalkが動作するコンピュータなど身近にあるわけではなく、オブジェクト指向というものを書籍の上でまさに絵に描いた餅の状態で眺めていただけだった。
昔はコンパイラなどの言語処理系を手に入れるだけでも高価で大変だったが、オープンソースの時代になってフリーで手に入る処理系が増えて多少言語マニアっぽいところのある僕にとってはうれしい時代になった。
とはいえ、オブジェクト指向を知ってから二十数年たっても、いまだこいつを飼いならすにはいたっていない。なまじソフトウエアの業界に入ってしまったために、ガチガチの企業向けプログラムを書く世界に嫌々ながらなじまざるを得なかった。企業向けの業務プログラムの世界にオブジェクト指向が普通に持ち込まれるようになったのはたかだか数年前からのことで、その中心はJavaだ。
Javaも嫌いではないんだけど、オブジェクトベースのプログラミングとコンパイラというのは本来相容れないものだ。だからJavaはオブジェクト「指向」言語なわけだけれどね。オブジェクトを使ってプログラミングをしていく本来の環境はもっとインタラクティブなものである必要があるはずなのだ。
オブジェクトを自分の中で消化したいと常々思っていたところに突然親しみやすそうな顔で現れたのがSqueakだった。とりあえずダウンロードしてeToysで遊んでみて、やはりオブジェクト指向を学ぶためにはこういうインタラクティブな環境が必要なんだと再認識した。
SqueakはSmallTalkだということを知るのに時間はかからず、二十数年前の憧れの環境を手元に持てるということにドキドキした。
オブジェクト指向をSqueakで学びなおす。これが僕の目下の楽しみだ。手始めに買ったのが「自由自在Squeakプログラミング」。じっくり読んでSqueakを触ってオブジェクト指向を飼いならしたいと思う。
自由自在Squeakプログラミング
梅沢 真史

Squeakプログラミング入門―オブジェクトランドへの招待 スクイークであそぼう【CD-ROM付】 子どもの思考力を高める「スクイーク」 理数力をみるみるあげる魔法の授業 Squeak入門―過去から来た未来のプログラミング環境 サクサクSmalltalk―オブジェクト指向のアートとサイエンス
by G-Tools

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.