技術・科学

Squeakであそぶ

投稿日:

スクイークであそぼう【CD-ROM付】を買ってうちの小学生に与えたら、自分でCDをインストールしてどんどんeToyのプログラミングを楽しみ始めた。Squeakのプログラミング環境は視覚的なオブジェクト指向と言っていいと思うんだけど、そういうプログラミングは直感的で理解しやすいということなのだろう。
最近の若い人は、最初に学ぶプログラミング言語がオブジェクト指向言語ということが多く、比較的自然にオブジェクト指向を身に着けているひとが多いのだけれど、Squeakのように実際に触ることができるグラフィカルなオブジェクトがもつ属性や操作をグラフィカルに組み合わせてプログラムを作っていくスタイルだともっと直感的にオブジェクト指向を体感できて、小学生くらいからそういうことをやっていると自然にオブジェクトのことが理解できるようになっていくのではないかと感じる。
そういう人々が増えてきたとき、今の勘と努力とはったりで行うとても顧客本位とはいえないシステム開発が着実に変化するのではないかと期待している。
子供向けだけど、この本を読みながらSqueakのプログラムを作ってみるとオブジェクト指向に関して目からうろこが落ちるような気がするのは僕だけではないと思う。お勧めの本だ。
スクイークであそぼう【CD-ROM付】
Thoru Yamamoto

Squeak入門―過去から来た未来のプログラミング環境 自由自在Squeakプログラミング Squeakプログラミング入門―オブジェクトランドへの招待 子どもの思考力を高める「スクイーク」 理数力をみるみるあげる魔法の授業 サクサクSmalltalk―オブジェクト指向のアートとサイエンス
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.