大川わたり

投稿日:

山本一力の受賞前小説。
「あかね空」が出たときに装丁に惹かれて本を買って、読んでみたらなかなか面白かったのでちょっと期待して買ってみたんだけど、本人もあとがきに書いているとおり、できはあまりよくないな。
設定は悪くないし、出てくる人々もなかなか魅力的なんだけど、後半が練り足りないというか、がんばりきれなかったような印象で、プロットがぐちゃぐちゃになって妙な終わり方になっている。
主人公の印象がどんどん薄くなっていって、最後のほうには別にいなくてもいいような感じ。本来は名脇役になりうる人々がそれで死んでしまっている。
あとがきに書き直したいと思ったと書いていたけど、こんな中途半端なものを単行本にするくらいならきっぱり書き直してから出してほしかったなあ。
江戸の町の雰囲気を上手に出せる人なんだから、これからももっとがんばってほしい。

大川わたり
山本 一力

4396332165

蒼竜 損料屋喜八郎始末控え あかね空 夕立ち―時代小説 私のこだわり人物伝―山本一力/池波正太郎 黒土三男/藤沢周平
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.