読書

投稿日:

今日は片道二時間ほどかかる場所に打ち合わせに行った。その行き帰りは電車の時間がたっぷりあったのでZaurusを使って青空文庫でダウンロードした本を読んだ。ネットワークにつながるPDAは手の中に入る図書館のように便利なのだ。
最近のおきにいりは寺田寅彦。青空文庫には223点が掲載されている。僕が今までに読み終わったのは15点。まだまだ先が長いのがうれしい。
ホテルに帰ってきたらキノの旅を読む。Zaurusは充電時間だ。
他にも読みたい本をAmazonで見つけて、注文したりしている。「読書の春」モードに突入したらしい。
しばらくあまり気力が出なくてじっくり本を読むことができずにいた。そういう状況に少し変化が出てきたのかもしれない。
ただ、気力と体力が一致して回復していないのが残念。バイオリズムでも調べてみると対策をとることができるかな。。。
いずれにしても頭を使う仕事のストレスをとるには読書はうってつけのような気がするから、しばらくはせっせと読書にいそしむことにしよう。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.