飛行機の中で。。。

投稿日:

僕は今、東京からの帰りの飛行機のなかだ。
金曜夜の飛行機はいつもやたらと混んでいる。この便も満席で、搭乗前に次の便への振替希望者の募集があったくらいだ(最近の航空会社はキャンセルを見込んで定員よりも多めの予約を受け付けているのだ)。
で、飛行機の中だけでなく、羽田空港自体もやたらと混雑していて、いつも滑走路の手前で待たされる。7、8機が離陸待ちなんてこともよくある。
パーサーもパイロットも遅れて申し訳ないといつもあやまっている。
少なくとも金曜の夜はいつも同じ調子だ。
空港の容量が限界なのだろうが、遅れるのが分かっているなら遅れないように時間を調整してもよさそうなものだ。飛行時間を少し長めに設定して到着時間に余裕をもたせるとかね。
まあ、法律とか規則とか運航規程とか、いろいろめんどうな事があるんだろうけど。
同じ時間にいくつもの便が出発を予定しているのがあたりまえなんて、どこかおかしいんじゃないだろうか?本当に安全なのだろうか?実際、こんなに人々が動き回らなければならない社会って豊かなんだろうか?
そんな思いが頭をよぎる。
結局飛行機は20分遅れで到着するようだ。たかが20分。安全のためならたいしたことはないよな。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.