音楽

今手に入る音楽は低音質!!

投稿日:

エイベックス、小室哲哉氏をゲストに迎えて「高音質の未来」を討論:デジタル家電総合情報サイト:Digital Freak 2005/06/21
なるほどなあ。僕はレコードとカセットテープで一番多感な時期を過ごしたから、音質という観点でCDに疑問を持つことは少なかった。というか、音質に限界があるということは知っていたけど、それを克服する手段がすぐ近くにある時代になっているってことに気づかなかった。
確かにソフトウエアで構成される今のディジタル音源だとハードの物理的な限界はあるにしてもCDよりは音質の点で自由度があるわけだ。
CDの問題は著作権保護問題ばかりだと思っていたけど、違うんだね。CDのフォーマット自体の限界が見えてきたんだな。
ネットワークもある程度広帯域になってきたし、もっと高音質な音源が手に入るようになってもいいな。そうなったら、価格もこなれてくる可能性がある。高音質な楽曲は高くてもいい。その代わりCDレベルの楽曲はもっと安くする。
CDからカセットテープに戻るのが難しいのは取扱の問題だけではない。カセットテープに録音した音ってなんだか耳の外側に膜が張ったみたいに聞こえるものだ。人間の感覚って結構鋭い。だからよりいい音質で音楽を楽しむようになったら、きっとCDには戻れなくなる。そして、使う音楽デバイスによって異なる音質を選ぶ(圧縮率を変えるだけのことだ)ようになるのだろう。
そんなより自由な音楽の世界へのチャレンジであるHD Sound LABORATORYの活動には注目したいな。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-音楽

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.