技術・科学

Windowsについて考えた

投稿日:

とあるところで未だにWindowsMeのパソコンをいじっている。
このOSを使ってみるとXPは安定しているんだなあと感じる。Meは簡易マルチタスクだからアプリが停止したときにOSが道連れになってしまうことがやっぱり多いのだな。
だけどあれだな。Meってそんなに前じゃないような気がしていたけど、もう5年以上経つんだな。古くなるはずだ。
Windows2000なんか同時期だけど現役で使っているケースは多い。これだってもう5年くらいは経つわけだ。こう考えてみるとマイクロソフトのOSのリリースサイクルって長くなっているんだな。ま、サービスパックとか事実上のアップグレードだろうというようなケースはあるけどね。
パソコンOSもそろそろ成熟期に入ったってことなのかもしれない。というか、パソコン自体がすでに枯れた器械になってきたってことか。
次はOSがどうこうよりも、パソコンという装置自体に大きな変革が必要なんだろうな。
ブロードバンドの普及状況を考えると、Thin Clientってのも一つの選択肢かもしれない。家でのパソコン用途ってインターネットへの接続がかなりの割合になっているから、もっとシンプルな機能の装置でも十分代替可能だと思う。
たぶん次にほしいのはパソコンじゃない。とするとWindowsXPはまだまだ長生きするのかもしれない。
そういやあXPには変種が結構あるもんなあ。マイクロソフトもポストPCには苦しんでいるのだ。ヘタすりゃ飯の種の大半を失いかねない厳しい選択の時期に入ってきているってことだな。
別の角度で考えると、次のOSが出る頃には今のパソコンは本格的に家電らしくなっていて、家電らしい品質が求められるようになるのだろう。マイクロソフトにそういう変革が求められているわけで、今までの体質からするとこれはなかなか難しい変革ではないかと思う。
ケータイを見れば想像できる。ケータイのOSなんて普通はあまり意識しない。ポストPCでは同じようになるのかもしれない。とすればOSは組み込み(エンベデッド)OSが普通になる。
ポストPCはケータイやゲーム機のようにOSなんか気にしないし、新しい機能はネットワークアップデートで追加するか、ハードを買い換えるだけになるのだろう。
そうすると案外Appleの戦略って悪くないんだな。OS込みのハードウエアとしてのMacが定着しているし、家電化への適応はiPodでその能力を示した。なによりもそれらのブランド化が大きい。
マイクロソフトが同じ道をたどるのは難しいだろう。その将来は、PalmとかSymbianに近いものになるような気がする。
まあ、僕らにはそんなことはあまり関係がない。要は使いやすい製品が出れば文句はないのだからね。OSはマニアの世界に戻っていくのかもしれないな。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.