今日の釣果

投稿日:

今日も懲りずにハゼ釣りに行ってきた。昨日はフィッシングパパのハゼ釣り大会があったのでひょっとして今日は釣れないのではないかと思ったが、やっぱりそれなりの数は釣れた。
ただし、ここしばらくの釣りでハゼのストックがだいぶできてしまって、今日はある程度の大きさのもの以外はリリースすることにしたので、持って帰ってきたのはハゼ15匹とアブラコ一匹。リリースしたのは7、8匹いたのではないかと思う。
今日はまず午前中に色内埠頭と北浜岸壁の間の流れ込みのところで狙ってみた。12cmくらいのハゼがちょこちょこかかった。流れ込みの奥に仕掛けを投げ込んでみると20cm弱くらいのアブラコがかかった。いつもながらアブラコのヒキはいい。
昼食を済ませてからいつもの橋の下へ。ここでは仕掛けを投げ込むとすぐにアタリがあって、15cmほどのハゼが釣れた。ここはなぜかいつも良形が多いところで、今日も楽しんだ。
しばらくするとアタリがなくなってしまったので、コの字に行って竿を出してみるも不発。北浜岸壁に戻って一匹追加。アタリはいくらかあったが、やはりよく釣れるのは午前中のような気がする。
使ってみたのはフィッシングパパのオリジナルハゼ仕掛け5号、ブラー金6号、テンビンにハゼ用2本針の仕掛けの三種類。ブラーはハゼが足元に寄っているときには面白いが、少し遠くに投げる場合はハリスを長く取った仕掛けのほうが使いやすいと思う。
あのプルプルとくるアタリが病みつきになってしまったが、これからはチカなどのサビキを使った釣りも面白くなってくる。ますます忙しい釣りになってしまうのだ。
あ、そうだ。せっかく修理したフィッシングパパのオリジナルハゼ仕掛け5号は、下針が根がかりで取れてしまったのでまた修理しなきゃならなくなってしまったんだったっけ。この次までにやっておかなきゃ。。。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.