Myself

周期

投稿日:

どうもここしばらくの僕には毎月決まった時期に調子の悪いときがある。今月は昨日あたりから調子が悪い。どんな風に悪いかといえば、すごく無気力な感じで、日ごろはわりとよくしゃべる僕が無口になってしまう。気分が落ち込んで、何事にも悲観的になる。イライラする。体がすごくだるくなる。
数日すれば元に戻るのだが、その間は結構つらい。
ここしばらくと最初に書いたけれど、実は昔からそうなのかもしれない。最近は特にそういう状態がきつくなってきただけなのかもしれない。
いずれにしても、そういう周期があるということに気づいたのは良いことなのだろう。そういう状態のときに無理をすると調子の悪い状態が長引いてしまうことになるように感じるから、悪い周期にかかりそうなときには自重すればいいのである。
ひょっとしたらこの手の周期って、このブログを分析していくともっとはっきりするかもしれない。昔のログを読み返すのが今は面倒だからやらないけど。。。
昔、日記を書くように薦められたことのない人はいないだろう。薦められてもなかなか続くものではない。僕もやっぱりそうで、何度かトライしていつもほとんど三日坊主という勢いで挫折していた。
だけど、このブログはどういうわけかすでに二年以上続いている。もちろん毎日書けているわけではないけれど、それでも何日も書かない日が続くということはほとんどなかった。
こうやって過去のことを振り返るきっかけに触れると、日記を書くことを薦めた人の言いたかったことがなんとなくわかるような気がする。
なぜブログだと続けられたのだろう?とても不思議だ。きっと自分の中で複数の要素がうまくかみ合って回っているのだろう。
ずっと続けられると断言はできないけれど、このブログのようなスタイルでなにかを書くということはなんだか続けられそうな気がする。いつかブログとは違うスタイルのモノが生まれてきたとしても。
僕にとってかなり大切なものになっているこのブログ。調子の悪い時期が明けたらきちんとバックアップとっておかなきゃな。。。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-Myself

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.