クルマもちゃんと面倒をみなきゃね

投稿日:

昨日、近所で一番安いガソリンスタンドに給油に行ったら、みごとにスタンドマンのセールスにひっかかってオイルとATFの交換をした。面白かったのは交換過程を全部見せてくれることで、クルマから取り出した真っ黒になったオイルとATFそれぞれを新しいものと比較して見せてくれて、交換装置で入れ替えるところをいちいち説明してくれた。
ATFはエンジンを回しながら徐々に新しいものに入れ替えていく。黒いフルードがだんだんと赤い色に変化していくのが見えて面白かった。
僕はクルマをあまり大事にする人ではなくて、オイルの交換も年に一回やればいいほうなんだけど、昨日交換する気になったのは、セールスエンジニアの言ったことがいちいち当たっていたからだった。
曰く、このオイルとATFの状態だと、加速時の反応が悪くなるとのこと。実際、最近高速道路のランプを登るときとか、追い越しで加速をするときなどにどうも反応が一瞬遅れる感じがあったり、おもいっきりアクセルを踏んでも加速しなかったりということがあるなとは感じていたのだ。
で、一通りの交換が済んで走ってみると車がすごく軽い感じになった。車検の前後でもこんなに変化を感じたことはなかったから、たぶんめったにやらないATFの交換が効いたのだと思う。
オイル交換をしたらただでさえ安いガソリンの値段が半年の間さらにリッターあたり2円安くなるという。
僕のクルマは初期型のステップワゴンで、最初の登録から今年で10年になる。今年出た新しいステップワゴンが気に入ったら買い替えも検討しようかなと思っていたところなのだが、現物を見て僕の使いたいイメージと合わずにがっかりして、当分は今のクルマに大事に乗ることにしたので、これからはこまめにオイル交換くらいはしてやろうと思った。
それにしてもオイル交換の値段は店によってずいぶん違う。今回行った店は石油元売直営系で、オイルの原価が安いらしく、工賃がかからなかった。前回別のいつも行っているSSでオイル交換をやったときよりだいぶ安かったようだ。
ガソリン価格も高くなったことだし、当分はこの新しいスタンドで給油をすることになりそうだ。
ATFの交換後は少し走らせたほうがいいとのことで、今日は80キロばかり近郊をドライブしてきた。秋晴れの高い空を眺めながら走るのは気分が良かった。一般道ばかり走ったので、近々に高速でも走らせてやろう。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.