おすすめ

投稿日:

amazonのサイトに行くと、たいていの人は「おすすめ」されちゃいますよね。一度買ったことがある人は必ず「おすすめ」されちゃう。
僕は本の検索にもamazonをよく使うから、検索した結果も「おすすめ」には反映されてしまうわけですね。
さらには、「おっ」とか思ってクリックした本なんかも「おすすめ」の参考にされちゃうわけ。
しかしですねえ、この「おすすめ」が今ひとつなんですね。
なぜかというと僕の使い方に問題があるわけです。
僕のブログはアフィリエイト目的ってわけじゃないんだけど、読んだ本のことをエントリしたときには、その本の表紙イメージが入れたくなるのでG-Toolsのブックマークレットを使うんですね。それにはまずamazonで目的の本を検索してからブックマークレットを使う形になるわけ。G-Toolsから直接検索すりゃいいんだろうけど、なんとなくamazonで検索してブックマークレット使ってエントリ用のHTML取得してエントリ書いて、ついでになんか他に面白い本ないかなあって感じでまたamazonを徘徊したりするのです。
大抵は読んだ本のことをエントリしているわけで、これから買いたい本じゃなかったりするんだけど、これを「おすすめ」されてしまうわけですね。
それから、家族の本を注文してしまうと、そいつが強力に「おすすめ」対象になっちゃうんですね。サモンナイトとかぜんぜん興味ないのに、しょっちゅう「おすすめ」されてうるさいのです。
さらに言うと、ちょっと目をひくグラビアとかね。あれクリックしにくいですね。あとでとても「おすすめ」されているのを誰かに見られたりしたら恥ずかしいからね。
が、今日、初めてこの「おすすめ」の情報を更新する方法を知って、少しは使える「おすすめ」になるかな?と思いました。毎日のようにアクセスしていても、この機能には気づかなかった。だってさあ、「 このおすすめ商品リストを今すぐ更新する」って地味に書いてあってもピンとこないでしょ?「おすすめ商品の絞込み」って目に付かないでしょ?(って僕が三段組の真ん中しか見てないだけなんだけどね)。
でも、本の評価とかちょっと面倒だけど、やっとけばまあそれなりに興味のある本を紹介してくれるみたいです。参考になるといいな。
でも最近の僕はバカデカ本屋にわりと行きやすくなったので、そっちでよほど見つからない時以外はamazonで買うことは少なくなっちゃったんだけどね。やっぱり現物が見られるほうがいいもんなあ。Edyで払えばマイルが貯まっちゃったりもするし。
zaurusを持ち歩くようになって、どこでもインターネット環境になったので、うろ覚えの本でもタイトルまでばっちり調べられることが多いってことと、店舗内の検索端末が一般化したのが大きいな。
てなわけで、きっとamazonは僕に一生懸命「おすすめ」してくれても他の本屋の売り上げになってしまうという、ちょっとだけ気の毒な存在になってしまったわけでした。
という気の毒なamazonのサービスを利用したブクログっていうのを使って「んちばの積読」ってのをはじめてみました。このブログのトップページ右上の「MY OTHER SITE」ってところから行けます。すげー重たいサービスなので、すごーく暇な方はご覧ください。別におまえの読んだ本になんか興味はない?。。。ごもっともで。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.