ぷらりと150km

投稿日:

20051027collage.jpg
午前中から5時間ばかりかけて道央を150kmばかりドライブしてきた。本当は紅葉を見に行ったんだけど、たぶん一週間くらい遅かったのではないかという感じだった。
行ったのは、このところ定点観測的にほぼ毎年行っている恵庭渓谷。そこから支笏湖。天気は申し分なかったんだけど、時間的にはもう2時間くらい遅いほうがよかった感じ。太陽がちょっと傾いた感じの方がいいように感じた。
何箇所かで写真を撮ったけれど、あまり納得がいく感じじゃなかった。明るい場所でカメラの液晶画面を見るとどんな色に撮れているのかさっぱりわからない。もう少し寄りたいと思っても、コンパクトカメラのズームには限界があって、撮りたいと思った場所に寄りきれず、なんとももどかしい思いをした。なかなか難しいものである。
支笏湖のとなりにオコタンペ湖というひっそりした湖がある。そこを眺めてから、その近くの林道に入ってみた。しばらく走っていくと道がどんどんひどいものになって数キロ進んだところで倒木に道をふさがれた。崖っぷちの坂道でほんの少し広い場所までクルマをバックさせて10回くらい切り返してなんとかUターンして戻ってきた。でこぼこが激しかったからクルマの底のどこかを傷めてしまったかもしれない。
支笏湖では樽前山のカルデラのドームがきれいに見えた。
走りながら、僕の旅は移動中がメインなんだなと感じた。目的地指向ではないらしい。走らせるクルマから見えるどんどん変わっていく景色が好きなのであって、どうもそれを記録する方法は今のところ存在しないようだ。せめて鉄道などの乗り物に乗った旅だったら移動過程を写真に撮って行くということもできるけれど、運転していてはそれは無理だ。運転に集中しつつ移ろう景色を眺めつつ、色んな考えたことを記録できたらいいのになあと思ったりした。
撮った写真の一部はNao's Photo Factoryに載せてみようと思っているけど、あまり枚数はなさそうだな。。。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2021 All Rights Reserved.