思念波

社会に潜むもの

投稿日:

「耐震強度の偽装問題は偶発的事件か、業界の構造問題か?(1)」を読んだ。

一体全体こんな世の中に、誰がしたのだろうか? この事件の悪者を、私が特定しよう。
 それは、「あなた」だ。このコラムを読む「あなた」こそが、こんな世の中にしたのだ。この意味が分かるだろうか?

という記述がある。
これだけ読むと「なぜ自分が」と思うだろうから、是非原文を読んでもらわなければならない。
僕はこの意見に同意する。
今年の春に起きた鉄道事故の時にも同じようなことを考えた。事故の起きた背景には我々個々人のの意識の問題があるということだ。
少しでも早く。少しでも安く。少しでも便利に。少しでも。。。と個々の人々の欲求を集めていった結果としての快適な暮らしのすぐ隣に忍び寄る危険に気づかなかった。いや目をつぶった。そういうことがあるのではないかと考えたのだ。
そういう欲求はマスコミにもそのまま投影され、すぐに犯人探し、魔女狩りが始まる。
今回の耐震強度問題でもそのパターンは変わらない。
善良な市民は実はひどくわがままな個人でもある。それに気づかずに踊っていれば、付け入られる隙はいくらでもある。結果的に苦しむのは自分自身だ。
もちろん今回の問題の渦中におかれてしまった人々の気持ちは想像するにあまりあるものがある。僕自身、マンション住まいだから人事とも思えない。それでもやはり社会的な事件や事故の原因の一端は自分の意識の中にもあると思わざるを得ない。
自分のわがままな生き方を振り返り、「使命」と「誇り」と「志」を持って自分の役割を果たしていくことが大事ではないかとこのコラムには書かれている。
そういう意味で、僕は引用文に同意なのだ。
もういい加減欲しいものは揃ったはずだ。ニッポン人ももう少し大人の生き方をしてもいい。そんな風に考えさせられた。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-思念波

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.