Myself

ちょっと変な日でした

投稿日:

今日の朝、家を出てすぐにケータイを忘れたのに気づいた。戻っても電車には間に合いそうだったんだけど、まあいいやと思ってそのまま出かけた。仕事用のケータイはいつもかばんに入っているし、プライベートの携帯は最近はおサイフケータイとしてしか使わないようなもんだから、とりあえずは困らないと思ったのだ。
で、会社に着いてみたら、財布を忘れていることに気づいた。小銭入れは持っていたけど、たぶん300円もなかったんじゃないかな。ま、これもほとんどの日は100円くらいしか使わないからとりあえず困らない。
だけど、ケータイも財布もないってのはなんだかすごく心細い感じがした。どちらも心理的依存度の高いアイテムなのだなとこういうときに気づくものだ。
どちらもいざというときにないと困るというか、あったほうが大いに心強いものなのだ。
財布を忘れたのは久しぶりのことだけれど、ケータイは最近良く忘れるようになってきた。朝の手続きがややこしいせいだ。
ややこしいのはzaurusを使ったPodcastingが主たる原因だ。朝の忙しい時間にパソコンを立ち上げてPodcastダウンロードして、zaurusに転送する。そしてパソコンをシャットダウン。これをやる前にケータイを持ち忘れるとたいていそのまま忘れてしまうのだ。
大体手順が面倒すぎる。dopplerを立ち上げてPodcastデータをダウンロードして、その間にzaurusをPCにつなぎ、ダウンロードが終わったらWindows Media Playerを立ち上げてデータを転送する。なぜか日によってうまくダウンロードができなかったりしてそれをチェックしたりするのはそれじゃなくても忙しい朝の時間にふさわしい作業ではないのだ。
それでもその手順を踏んでいるのは、ひとえに持ち物を減らしたいからだ。zaurusはどこでもインターネットに接続できるようになっているから常に持ち歩くことにしていて、これをiPodに置き換えるというわけにはいかないし、余分にiPodを持って歩くのも嫌なのだ。
もう少し時間に余裕があればいいんだけど、最近は目が覚めてから起き上がるまでに随分時間がかかってしまってわりとギリギリになってしまう。家は決まった時間に出るので出勤そのものには余裕があるのだけれどね。
そんな面倒なことならやめてしまえばいいんだけど、ちょっと期するところがあってお勉強に使っているのでやめるわけはいかない。
zaurusつないだら自動的に同期するような設定がたぶんできると思うんだけどなあ。まあ、ぼちぼちと調べていずれやっつけるとしよう。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-Myself

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.