読了:豊饒の海(三)暁の寺

投稿日:

僕の年齢よりもさらに二十年くらい年をとった本多が主役の話になってくるのですね。
この巻を読むとなんとなく年をとるのがあまりうれしくない感じ。自分の年齢と感情のギャップが大きくなったらずいぶん辛いんじゃないかなあと思った。まあ、それを楽しむ余裕もある本多ではあるんだけど。
四部作を起承転結とすれば、転にあたるこの巻、前の二巻とはかなり様子が違ってきていかにも「転」という感じ。前半は仏教的素養が必要で、後半はかなりドラマティックに転がっていく。
この巻で三島由紀夫にはなにか劇的な変化がおきたみたいで、四巻目を書き終わった直後に例の事件を起こして自決することになるわけだ。その心持ちみたいなものが四巻目でうかがえるのかな。
というわけで、早速四巻目の「天人五衰」を読みに入ります。
暁の寺
三島 由紀夫

暁の寺
春の雪 宴のあと 午後の曳航 殉教 金閣寺
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.