技術・科学

やっぱり面白いのはプログラミング

投稿日:

ソフトウエアの仕事に就いて、20年になる。この年代になるとやらなきゃならないのはたいていプロジェクトマネジメントってやつで、僕はこれが一番嫌いだ。プロジェクト管理手法が身についていないというのもあるけど、もともとソフトウエアのプロジェクト管理ってまだまだ未成熟な分野なのだ。
大抵のプロジェクト管理は苦情処理とトラブル処理になる。プロジェクトの最初から最後までこの役割を続けるのは僕には辛い。プロマネは好きな人がやればいい。
逆にプログラミングは嫌いという人も居る。ソフトやっていたら最低限のプログラミングはできて当たり前だけど、ひとつの言語を覚えたら、もう他の言語を覚えるのは嫌だという人は結構多いのだ。そういう人はプログラミングが好きなほうではないだろう。
言語よりも好き嫌いが激しいものに、方法論がある。システムの開発そのものでも、プロジェクト管理でも、世の中にはいろいろな方法論がある。こういうのを勉強するのが大嫌いという人は少なくない。忙しさを理由に勉強するのを避ける人は多いように思う。
まあ、嫌いなものがあっても、自分にあった分野はどこかにあるもので、その辺を中心に自分のスキルを強化していけばなんとかやっていける。
簡単に仕事を選べる状況ではないけれど、最近僕は自分のスキルを絞り込んで深める努力をし始めた。それにはまずこんなことをやってみたいということを自分の周囲に理解してもらう必要がある。コミュニケーションは避けて通れないわけだ。そのための仕掛けとして、社外団体への参加なんかをはじめたのだ。習い始めた中国語も同じ業界の人が集まってのもので、言葉の勉強もさることながら、同業他社の人たちとの交流が主な目的だったりする。
でもって、僕が一番面白くやっていられるのがプログラミングだったりする。それもちょうどいい大きさで隅から隅まで自分で説明できてしまうようなプログラムを書くのが楽しいのだ。プログラムを作るための設計も楽しい。まあ、この業界の人ならそういう人は結構多いかもしれない。
今僕が目指しているのは、ある領域の問題を解決するパッケージのようなものを作って、それを売り歩くことだ。自分で作ったものならお客様に説明するのも楽しい。問題が起きたときもそれを解決するプロセスを楽しむことができそうだ。
自分の目の届かない部分が多いシステムの開発は辛い。だからプロマネだけやる仕事は大嫌い。設計だけというのはちょっと嫌い。テクニカルな対応をする仕事は好き。プログラミングは大好き。という順番なのだ。
というわけで、比較的好きな分野を集めてみると、「ITアーキテクト」ってやつが今は一番しっくりくる目標になった。技術を追い続けるのは大変だけど、新しいことを知るのは楽しいことだからたぶんなんとかやっていけると思う。
いい仕事ができることは、その仕事が好きだというのと同義なのだと最近つくづく思うのだ。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.