読了:集中力

投稿日:

このあいだ読み終わった羽生さんの「決断力」と一緒に買ってきたのがこの本。
僕は将棋はやらない。だけど棋士の頭の中には興味がある。
二冊の本を読んでみて感じたことは、やっぱりどちらも勝負師として感じ、考えていることは似通っているんだなあということ。羽生さんの方が形にとらわれずに将棋の可能性を追っている感じがすること。谷川さんのほうが棋士としての貫禄は上かな?ということ。まあ、これは年齢の違いを見れば当然かもしれないけれどね。
やっぱり集中力にしても決断力にしても、棋士っていうのは対局の時間の中で、普通の人がかなりの期間に費やす力を一気に使っているってところがものすごいと思う。
世の中にどうしてもなければならないというものではないもののひとつが将棋。それにチャレンジし、人々に影響を与えることができてしまう。これはやっぱり人間らしい純度の高いチャレンジのひとつなんだなあ。
目標を定めたら、その実現のためにとことん努力する。あきらめない。そんな普通に言われることも、将棋を極めることで人生を語ることができる稀有な人の言葉として語られるとそれはとても重いものになる。説得力がある。
僕もあきらめないで努力を重ねられるようになりたいと思った。
たてつづけに二人の本を読んでみたけれど、文章は谷川さんのほうが上手だと感じたな。
集中力
谷川 浩司

集中力
「勝負脳」を鍛える 勉強の仕方―頭がよくなる秘密 決断力 四十歳までに何を学び、どう生かすか 簡単に、単純に考える
by G-Tools

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.