読了:武士道

投稿日:

奈良本辰也氏の訳によるもの。
なんだか日本人が日本人自身について外国語で書いたものを訳した本というのも不思議な感じがするが、書かれた時代を反映して、かなり教養のレベルの高い人向けに書かれた本で、あまりわかりやすくはない。
というのもあたりまえのことで、著者の新渡戸稲造氏と、その同時代の日本人にとって「武士道」とはことさら説明する必要のない当たり前のものであって、この本は「武士道」をなんとかして外国の人々にも理解してもらうために書かれた本だからなのだ。
今の日本人には今の教養に即した「武士道」解説の本が必要で、新渡戸稲造の「武士道」の翻訳では不十分なのではないかと思うのだ。なぜなら、この本の中で引用され、補注されている大量の文献その他について、ある程度よく知っているという人はめったにいないだろうし、当の日本人にとって身近なものではないからだ。この文章はそれらの引用、補注された文献に関するひと通りの知識を要求していて、結局のところなにがいいたいのか僕には理解できなかった。
しかし、この手の本が書店で平積みされている状況からは、アメリカ化を受け入れて経済的に豊かになってみたら、実はその中身がとても豊かとはいえない精神で成り立っていたということを感じてどまどっている日本人の姿を思い浮かべることができる。
現在の日本人にどの程度の「武士道」精神が残っているのかは心もとないが、旧弊と思って捨て去った精神の中に本来の日本人らしさがあるのではないかと感じている人が増えているのかもしれない。
日本人は日本人らしくというごく当たり前のアイデンティティがアメリカ化の中であやふやになってきた。それを取り戻したいという気持ちが働いているのだろう。
引用や補注がいちいちうるさいと感じた僕の気持ちの中には、やっぱり「武士道」の片鱗が残っているのかもしれない。いちいち説明されなくてもそんなこと当たり前だと感じる部分も多くあるのだ。
意外と「武士道」を培った日本人の精神文化というのは壊れていないものなのかもしれない。とも感じた。
武士道―人に勝ち、自分に克つ強靭な精神力を鍛える 知的生きかた文庫
新渡戸 稲造 奈良本 辰也

武士道―人に勝ち、自分に克つ強靭な精神力を鍛える   知的生きかた文庫
新・武士道―いま、気概とモラルを取り戻す 葉隠―武士と「奉公」 武士道―サムライはなぜ、これほど強い精神力をもてたのか? 武士道―いま、拠って立つべき“日本の精神” 修養
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.