読了:とかげ

投稿日:

吉本ばななの作品を読むのは初めてだ。
この短編集、面白かったけど、どこか違和感が残ったな。心理描写がすとんと腑に落ちないという感じかな。
表現しようとしているものはなんとなく理解できる。でも人の心ってこういう動きをするものかなあ?という疑問がちょっとある。まあ、僕とは感覚がまるっきり違うっていうだけかもしれないし、実は微妙に違うだけなので余計に違和感を感じるのかもしれない。
というわけで、さらっとあっという間に読んじゃったけど、あまりこの作者の他の作品を読んでみようとか、この本に出ていた別の本を見てみようとか(この作品には他の本はほとんど出てこないけど)、そういう風には思わなかったなあ。
メジャーな作家なのでちょっと期待していたんだけど、あまり相性は良くないみたい。
まあ、もう一冊くらい別の本を読んでみたらまた違った感想を抱くかもしれないけどね。
とりあえず今の感想はそんな感じ。
とかげ
吉本 ばなな

とかげ
白河夜船 ハネムーン アムリタ〈下〉 うたかた/サンクチュアリ 白河夜船
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.