Myself

考える道具としての紙と鉛筆とパソコン

投稿日:

なにかを考えるときにあなたはどんな道具を使いますか?
考えるものの中身にもよるとは思いますが、僕は紙と鉛筆(と消しゴム)がいいんですね。
自由に図を描いて、必要な説明をいくらでも(読める程度には)書き込める。目立たせるために斜めに文章を書いてみたり、文字列を囲んでみたり、すごく直感的にできる。一枚の紙に書ききれなければ別の紙を用意すればいいし、持ち運ぶのも苦にならないし、どんな場所でも書ける。これはやっぱり便利。このフレキシビリティに、パソコンとかPDAなんか絶対にかなわないと思う。
もちろんそうやって考えたことをまとめるときにはパソコンは欠かせない道具にはなるんだけど、あくまで二次的。頭の中にモヤモヤとあるものをとりあえずアウトプットして整理するにはイメージをできるだけ手軽で自由に表現できる媒体を使うほうがいいみたいなのですね。
怪しげな四角形と、それらをつないでいく自由な矢印線。それらを取り囲むようにこまごまと書き入れた説明書き。それが僕のアイデアの一次アウトプット。
そうやってどどどーっと書き込んだものを少し時間がたってから眺めなおして要所要所をワープロやらの道具を使ってパソコン上のデータにするとなんだかすっきりしたものになる。
紙の上にいろいろ書き込んでいるうちに頭のなかで必要なモノが取捨選択され整理されているようなのです。
しかし、ワープロなどで電子化したものはそういう途中の思考を飛び越えて整理されたものになってしまうわけだから、大事なことを書き忘れていることもある。だから手書きのイメージメモも捨てられない。きれいに整理された電子化文書よりも愛着もある。
そういうメモは作ってからある程度時間が経つまで手の届くところに置いておく。いつでも引っ張り出して眺めなおすことができるようにしておく。
だから机の上は紙の束でいっぱいなのですね(多少言い訳)。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-Myself

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.