読了:包帯クラブ

投稿日:

気づけば満身創痍。生きていくってことはそういうことかもしれないなあ。誰もが傷つけたり、傷つけられたり。
その傷に巻く包帯を見つけられたら、少しは楽に生きられるかもしれない。そんな包帯をひとつずつ見つけることが大人になっていくステップなのかもしれない。
この本にはそんなメッセージがこめられているような気がする。
なかなかいい作品だな。
包帯クラブ The Bandage Club
天童 荒太

包帯クラブ The Bandage Club

by G-Tools

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.