思念波

確信している

投稿日:

確信:固く信じて疑わないこと。また、固い信念。(大辞泉)
確信:かたく信じて疑わないこと。また、その信念。(大辞林)
ある種の人々が「確信している」というとき、大抵は「信念」のほうを言っているようだが、実際にはもうひとつ自信がもてないときにわざと言う言葉になっているように思う。
別に「考えている」といっても中身に変わりはないのだが、自分の自信のなさをちょっと語気の強い言葉でごまかそうとしたり、相手を威嚇しようとするときに良く使われている。
ということは、「確信している」とある種の人々が言うときは、それはその確信している内容に誤りがあると自身が考えているといっているに等しい。
「明確にしておく」という表現もよく使われる。この言葉を連発したのは、疑惑のデパートと言われた人だが、しょっちゅう「明確にしておく」と言ったわりにはなにが明確なのか良くわからなかった。これもどうも物事を不明確にするために使われる言葉のようである。
役所の文書に良く出てくる言葉として、「具体化する」という言葉がある。これは大抵の場合なにも考えていないことを示し、「具体化する」という言葉で論点を抽象化するために使う。
この一週間で「信憑性は高い」って言葉が、信憑性の低さを裏付ける言葉になってしまった気がする。
これらを詭弁という。
正々堂々と詭弁を弄する人々がなんとか劇場をやっている。すばらしい大根役者がありえないほどたくさん集まっている。
つまらない茶番はやめて、少しはまじめにやってほしいものである。

Follow me!







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-思念波

PAGE TOP

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2020 All Rights Reserved.