読了:哀しい予感

投稿日:

ちょっと相性が良くないかなあなんて思っている吉本ばなな。一冊だけ読んでそういう結論を出すのも短気すぎるだろうと思ってとりあえず家の本棚にあったこの本を読んでみた。
この作品はまずまず嫌いじゃないかな。相変わらず距離感覚とか金銭感覚が中途半端な感じはするけど、ストーリーとしては気に入った。家族ってなんだろうってちょっと考えてしまったな。
ただ、この人ってどこかねじれた塊のようなものがあるんだなあ。あまり健康的ではない感じが伝わってくる。ま、作家ってのは多かれ少なかれそんなところがあるのかもしれないけどね。
この本を読んだら、他の作品も読んでみようかなという気になってきたよ。
哀しい予感
吉本 ばなな

哀しい予感
ハネムーン TUGUMI(つぐみ) うたかた/サンクチュアリ 白河夜船 白河夜船
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.