読了:狐官女

投稿日:

三冊出ている陰陽事件簿の三作目。陰陽師モノということで宮部みゆきの時代物みたいなミステリー物を予想していたんだけど、そうではなくてどちらかというと池波正太郎の娯楽時代小説の感じかな。わりと現実的な人間の心理を中心とした物語で、出てくるキャラクターが魅力的でなかなか面白い。主人公が預かっている7歳のちょっとおませな娘が出てくるとなんだかほっとするのだ。
久しぶりのハードカバー。装丁が美しくていいんだけど、持って歩くのはちょっとつらいな。続きも家でじっくり読もうっと。
狐官女 土御門家・陰陽事件簿
澤田 ふじ子

狐官女 土御門家・陰陽事件簿
ひょうたん 夢のなか―慶次郎縁側日記 陰陽師 瀧夜叉姫 (上) 陰陽師 瀧夜叉姫 (下) おまけのこ
by G-Tools







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.