技術・科学

ペアプログラミング

投稿日:

ペアプログラミングというのは、二人一組になって片方が指示を出し、片方がコーディングするというプログラミング方法だ。一定時間で強制的に指示とコーディングを入れ替えたりもする。
これをやることのメリットは、煮詰まってコーディングが止まってしまうということが少ないことと、そのプログラムを知っている人が最低二人いることになって、メンテナンスがしやすくなること、プログラミング技術の継承ができることといわれる。
さらに言えば、二人で責任を負うわけだから、心理的なストレスの軽減に役立つだろう。
ただ、ひとつのプログラムに二人がかかりっきりになるわけだから、生産性が下がると考える人もいるようだ(たぶんトータルで見るとメリットのほうが大きいと思うのだが)。人間関係も絡んでくるのでなかなか普及はしていないかもしれない。
きちんとしたペアプログラミングではないが、ちょっとした実験ロジックを作ったりするのに二人でアイデアを出しながらコーディングをしたことがあるが、意外と仕事がはかどるものなのである。コミュニケーションをとりながらひと仕事終えると一人でやるよりも達成感を感じたりもする。
だから、できるだけ周りの理解を得られるようにしてペアプログラミングの機会を増やして行きたいなと思う。
ちなみに、Eclipseにはこんなものがある。
仮想ペアプログラマー
実はソロプログラミングという、鳥のキャラクターをクリックするとなにか言ってくるという癒し系プラグインである。
癒されるかどうかは個人差があるだろうが、オープンソースコミュニティーで作られるものにはなかなか面白いものがあるものである。
pairpro.png







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.