技術・科学

仕様変更

投稿日:

今開発中のケータイアプリプログラムに大きな仕様変更があった。
今まではケータイ上の処理だけに閉じていたのだが、ちょっとした問題からサーバとの通信が必要になった。
ローカルだけで動くプログラムと通信を行うプログラムではだいぶ難易度が違ってくる。サーバサイドにJavaを使う環境は専用サーバになってしまうから、それを避けるには違う言語を使うことになる。
今回は一般的なwebサーバで使えるように、サーバサイドはperlでcgiプログラムを書くことにした。
実を言うと、僕はperlが嫌いである。どうもあの文法、構文になじめないのである。
が、cgiといえばperlである。仕方がないので文法を調べながらコードを書いてみた。とりあえず目的を達するプログラムは20行くらいで書けそうだ。ライトウエイト言語の面目躍如ってところか。
とりあえずcgiと、それをキックするhtmlを書いてサーバサイドのみテストをした。明日はケータイアプリ側の実装をするつもりだ。うまく行けば明日のうちに動作確認レベルのコーディングはできるかもしれない。
面倒な感じがする通信も、きちんと考えれば意外と簡単なのだ。
ライトウエイト言語と、httpという仕組みのおかげでクライアントサーバアプリケーションが手軽に書けるというのはWeb時代のありがたいところだと思う。
もう一息。頑張ろう。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.