モノ

やっぱりMacはいいなあ

投稿日:

ITmedia +D PC USER:最後のIntel Mac製品「Mac Pro」「Xserve」がついに登場――次期Mac OS X “Leopard”のプレビューも公開 (1/2)
こういう記事読んでるとMacが欲しくなっちゃうなあ。
だけど使えるマシンを何台も持っていることを考えると、新しいマシンを買うにはそれなりの自分を納得させる理由がいるわけで。。。いろいろ妄想してみる。
来年はPCの入れ替わり時になるんだろうなあ。次期Windowsは今のマシンじゃきっと動かないだろうし。
でも次期Windowsって魅力がさっぱり伝わってこないな。
MacOSもWindowsもどちらも動くマシンといえばMacしかないわけだから、僕が次に買うとしたらMacかな。そんでもってMac使ってるととりあえずそれでいいやあってことになって魅力がないWindowsはフェードアウトしていく。と。
だいたい今はパソコンの使い方においてはインターネットを利用する比率が相当高くなっているわけで、それだけを考えればOSはどれだっていい。極端な言い方をすればかっこいいマシンが使えりゃそのほうがいい。でもってその最先端がMacってわけだ。
ただ、Appleの製品って相対的に値段が高いのが難点といえば難点。
ちょっと脱線するけどひょっとするとWindowsって徐々に低価格マシン用OSっていう位置づけになるのかもしれない。それならこの際オープン化してしまったらどうだろう。なんて思ったりして。
でもって今年のパソコン販売市場はといえば、きっとみんな今のマシンで困らないから今年は売れない。ってことはあまりいいマシンも出ない。相対的に魅力のあるMacだけが淡々とシェアを増やす。ってことになる。電器屋のAppleスペースが今の倍になるかもしれん。
それはそれとして、次期Windowsが出たら、たぶんAppleを含めたいろんなベンダーがMacで動くようにするだろうし、その評価がある程度かたまった時点でニューマシンを買うというのがベスト。
てなわけで新しいマシンを買うとしたら来年春以降かな?







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-モノ

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.