技術・科学

Curlの無償版が公開

投稿日:

Curlといえば、リッチクライアントアプリケーションを作るためのプラットホームと開発ツールだ。ブラウザにCurlのラインタイムプラグインを入れることでリッチなアプリケーションを使うことができる。

この開発環境に無償版が登場した。

多少特殊な文型ではあるが、基本的にテキストで書く言語ベースでflashのようなグラフィカルユーザインタフェースが作れるようで、これが普及するとAjaxとかflashに次ぐWebプログラミング環境になるかもしれない。

まだブラウザにプラグインが普通に入っているというような段階にないし、今まで有償(結構高価らしい)だったことからドキュメントが少なく、構築事例も限られるため、将来は未知数だが、クライアントとサーバがシームレスにプログラミングできるのであればWebのリッチ化の波に乗れるかもしれないと思う。無償の開発環境が手に入るようになったという意味ではflashを凌駕するということもありえないことではないかもしれない。

僕はCurlという名称のもとになったという中カッコだらけの構文に違和感を感じてしまう。プログラム言語の好き嫌いにはコードの見た目が結構影響すると思うから、ちょっと残念な気がしているが、新しいWebアプリケーションを作れるのであれば勉強しなければならないかな?と思っている。

それにしても、最近はいろいろな開発環境が無償で手に入るようになった。プログラミングを楽しむ立場からするといい時代になったもんだとつくづく思うな。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-技術・科学

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.