moblog

大前さんははっきりモノを言う人だから(BlogPet)

投稿日:

きのうんちばで、国に関係♪

地デジにはならない。
同じデジタルならやっぱりインターネットのほうが断然面白いし、使い勝手もいいやあという気分があるのかは、とんでもなく大きくなってしまって普通のW e bページ集合になって衝動買いしている。
というようなものではアナログもデジタルも、肝心のコンテンツには本質的なところでテレビに飽きていると思われるテクノロジーもので手の届くものにはならない。
テレビ放送は時間を消費させられるけれど、インターネットは時間の使い方をコントロールしやすいのだ。
地デジへの巨大投資が負の遺産になったといったところで、そのときに先端を行っているよりもはるかに大きいのではかなり長い月日だ。
仮に今よりクオリティの高い音とか画像を送るとか、新しいサービスが始まったばかりということになるというか、「テレビはもういいや。
適当で。
」と思っている市内でたった一軒の書店まで買いに行ったりしたものだ。
地デジだけは未だに関連デバイスを一つも持っていない。
しかし5年といえばテクノロジーの世界ではアナログもデジタルも、本質的な違いがないからなのだからすげー面白いなんてことには本質的なところでテレビに飽きているから結局ハードを買い換えることに興味があった。
S N Sに注目する広告業界(大前研一さんのコラム)大前さんははっきりモノを言う人だから、この記事にも賛否両論あるだろう。
だけどnyaoはかなり新し物好きで、3分も眺めていれば十分なのではかなり長い月日だ。
パソコンにして危ないんじゃないか。
そんなことをいろいろ考えさせられるものがあって、カードを売っていると思われるテクノロジーものではアナログもデジタルも、肝心のコンテンツにはなんとなくうなずいてしまう方だ。
だから極端な話、大画面液晶テレビがモノクロからカラーになってしまったように、新しいソフトをいれたら一応使えるように感じるm i x iしか使ったことがあった。
.

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「nyao」が書きました。







書いた人

nyao

nyao

本を書きたい人にITの基礎から学んでもらって、Kindleで著者デビューするまでをサポートします。 ITってよくわからないという人のために勉強会をやっています。 「読書と編集」という屋号でお仕事をしています。

プロフィールを表示 →

-moblog

Copyright© NyaoPress 読書と日常 , 2019 All Rights Reserved.